2014年11月2日日曜日

韓国訪問記(5) 水原中央バプテスト教会

韓国訪問の最終日、水原(スーウォン)YMCAの一人の理事が所属している水原中央バプテスト教会の礼拝に出席させていただいた。
韓国の教会については色々と報告すべきことはありますが、一言で言うならば大きくて活気に満ちている、ということです。

礼拝の様子を少しだけご紹介します。

video
この教会では日曜日に6回の礼拝が行われており、5回は主任牧師、6回目は他の牧師が担当しているようです。

TVショーではありません。礼拝です。

礼拝順序は
  • 前奏(オーケストラと聖歌隊)
  • 黙祷
  • 開会の賛美
  • 祈り
  • 賛美歌
  • 報告 (映像を用いたコマーシャルのような報告)
    • ここでわたしたちは紹介され、1300人によって歓迎の歌が歌われ、バラを一輪いただきました。
  • 献金の祈りと献金
  • 特別賛美
  • 頌栄
  • 聖書朗読
  • 聖歌隊
  • 説教
  • 賛美歌
  • 祝祷
若干週報に載っているのとは違うものもありましたが、こんな感じです。

まあ、規模といい、礼拝のヴィジュアル的な工夫、礼拝奉仕者の多さ、礼拝の熱気といい日本とは全く違うものです。

礼拝堂の正面には新しく土地を買って建てる新会堂のイメージが掲げてありました。なんて大きな教会を構想しているのかと思います。教会の隣には学校を設立する世デイだそうです。


礼拝後に若い女性の伝道師と話をすると、「日本の宣教をわたしたちの課題だと思っている」とおっしゃっていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿